« October 2017 | Main

アンナチュラル第7話

毎回好きで見てしまう「アンナチュラル」。第7話は「『いじめ』による復讐のための自殺」がテーマかなと。何というか、この「『いじめ』による自殺」という糞くだらないことが世の中に未だに起こり続けていることが、私には残念でならない。三澄ミコトの「あなたが苦しめた人の名前を遺書に遺して、それが何?」、良いよね、この台詞、最高だね。
いじめは最低だ。自殺は最高にくだらない。自殺は復讐にはならないのだよ。いじめをしていた最低な奴らは生き続けていくのだから。そのことを本当に認識してほしいなぁ、みんなに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンナチュラル第5話

相変わらず、アンナチュラルはいいねぇ。
人の死について扱っているだけに、目の当たりにしたものの整理がつかない気持ちを表していて。
今回の場合は、事故であっても放置してしまい結果として殺人を起こしたわけだけど、その殺人犯が殺人した相手の両親に取り入るというクソみたいな行為をしている。両親は子供が別の人格を持つ人であるという認識が持てていないから、婚約者を認めない。なんなのだろうか、この感覚は。人間らしさを無くそうと努力しているのに、人間らしいとは何なのかを問われている、そんな気持ちにさせられる。これを一話完結で見せられるので楽しみで仕方がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2017 | Main