« May 2011 | Main | October 2011 »

映画「ブッダ」

凄く良い作品なのだが、最後の吉永小百合のナレーションが余計。あの変なナレーションはない方がいい。それは観客が感じることであり、解釈することだから。監督が吉永小百合がよほど好きなのか、わからんが。
チャプラがすばらしい。私は彼が大好きだ。彼の執念は実に魅力的だ。彼を見るためにも映画「ブッダ」は見た方が良いと思う。でも、最後のナレーションはほしくなかったなぁ。あれは作品を壊している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | October 2011 »