« January 2011 | Main | March 2011 »

我が国には自由に行けない土地がある

歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島、そして択捉(えとろふ)島の事です。羅臼で流氷を見れたのに感激したのですが、国後島も見れたのでちょっと複雑な気分になりました。
千島列島全島返還要求を本来主張できる日本国です。阿頼度(あらいど)島や占守(しゅむしゅ)島も主張できるはずです。と言うのは日本国がポツダム宣言を受諾して第二次世界大戦が終結した1945年8月15日以降の1945年8月18日にソビエト社会主義共和国連邦が戦闘を開始した土地だからなんです。
と日本国の領土問題について主張しておいて、実際に羅臼で流氷と流氷に停まっているオジロワシやオオワシを見て感動をしたのだけど何でオジロワシやオオワシが流氷に停まっているのか疑問が起きるのが普通の人の感覚だと思いますが、案内してくれた船長さんの話で理由を聞いて納得です。羅臼では流氷が来ている最中でも漁に出る。漁をしていると魚が流氷の上に落ちる。その魚を狙って本来陸上の小動物を狙っている鳥のオジロワシやオオワシが流氷の上にいる。だから禁漁になるオホーツク海側と違い流氷上にオジロワシやオオワシがいる。後羅臼ではウニが凄いお買得。知床行く機会があれば斜里町がわだけでなく、羅臼も行くといいよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »