« December 2009 | Main | February 2010 »

Microsoftは最高のキーボード&マウスメーカーだ

使っていた、Microsoft Wireless Laser Desktop 6000 v2のキーボードはComfort CurveキーボードでErgonomicキーボードに次いで気に入っていたのだが、Microsoft Laser Mouse 6000の動きが非常に鈍かった。マウスパッドを使わないと机の上ではマウスカーソルが全く動かないし、マウスパッド上でも異常に鈍い状態が続いていた。買い換えるかなと思っていろいろ調べていると、Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000のマウスがBluetrackを使っているし、キーボードもComfort Curveなので、思い切って買い換えてみた。マウスパッドなしで使ってみたけど、すごく良い感じでマウスカーソルが動いてくれる。うれしいことにこれでマウスパッドを使う必要がなくなった。レーザーマウスを使っていてもマウスカーソルが思い通りに動かないで悩んでいる人は、青色LEDマウスを試してみると良い。キーボードはComfort CurveかErgonomicキーボードを。本当に手が疲れにくいから。
両方とも今のところマイクロソフトしか出していないな。アップルもErgonomicキーボードを1993年に出していたんだけど砂糖水を売っていた人の時代のものだから、もう作らないのだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VirtualBox for Mac 3.1.2はなかなか良い

あけましておめでとうございます。
2010年になっちゃいましたが、いかがお過ごしですか。
さて、本日一週間ぶりにVirtualBoxでWindows XPを起動する必要がありました。eLIOでお買い物のためなんですが、PaSoRiがしっかり使えるから日本語が使いづらい不満ありながらも、まぁeLIOで買い物をするときくらいしか使わないから無料で使えるVirtualBoxを使っていたわけです。2009年12月28日にヴァージョン3.1.2へアップデートされていました。アップデートしてみたらなんとMac OS Xの日本語入力方法と代わらない方法で日本語入力できるようになっていました。これで、本当にVirtualBoxでWindowsが普通に使えるようになりました。Mac mini(2009年秋モデル)でも遅さは気にならないくらいです。
Mac miniでWindowsゲームはしないし、Windowsを使う必要があるとすればeLIOで買い物をするときくらいだから、VirtualBoxで十分になりました。
Sun Microsystemsはいい仕事しています。
このブログはVirtualBox上のWindows XP SP3のInternet Explorer 8で書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »