« August 2009 | Main | October 2009 »

知床(ウトロ)に行ってきました

DSC01313

9月20日に撮ったこの写真は一応シマフクロウがいます。世界中に120羽くらいで、60羽くらいが知床にいて残りは道央や道北にいます。うれしかったね。フクロウが観られたのは。なにしろ不苦労とも福郎ともいわれる鳥だし。

あと、9月22日にはオジロワシも観られた。21日の夜に泊まっていたホテルでプレゼンテーションしてくれていたので、見つけられやすかった。この鳥も数百羽くらいしかいない貴重な鳥だ。すっごく良い経験ができたな。

そうそう、すっごく良い経験といえば星空観察ができたこともその一つ。星がまさにきれいに観られた。都市ではプラネタリウムでしか観られないものが現実ものとして存在することがわかってうれしかった。

さて、知床の最凶最悪の害獣といえばエゾシカなんだけど、こいつには天敵がいない、正確には倭人が天敵を全滅させちゃった。キタキツネは小動物専門だし、ヒグマは冬眠からさめた直後くらいしか、襲わないから天敵じゃない。ヒグマは雑食だから木の実を採って食べていた方がエゾシカを襲うより楽ということが大きい要素。エゾオオカミは家畜も襲っちゃうんで、やっぱり家畜が大切だから、ある程度仕方がない部分があるものの、エゾシカは保護してしまうあたり、バランスが悪い保護をしていた結果であるわけだから、ちゃんとしっぺ返しがきている。アイヌの人たちはエゾシカを害獣として扱っていて、エゾオオカミはカムイ(知床ネイチャーガイド的和訳:暴れ神)としていたみたいだけど、ちゃんと解っていたんだね。彼らを見習えと昔の倭人の偉い人が言っていたのは間違えじゃなかったってことさ。でも、本来知床にない生命力の強い外来草を食べてくれれば最凶最悪の害獣とまでの評価はないんだろうけど、食べないからな。でも、ヒトが持ち込んで自然に増えちゃったものだから、結局知床の最凶最悪の害獣とは倭人なのだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

基本的には右利きだな




コネタマ参加中: あなたは左利き? 右利き?


はさみも右利き用と左利き用があるけど、右利き用のはさみを左手で切っていたり-左利きの人はこれができる人が多いらしい、右利きの人が左手で右利き用のはさみを使うのは非常に困難だそうだがなぜか、私切れちゃうから-とか、消しごむで消すの左手で消しているし、野球は右投げ両打ちだし、ボーリングは左投げだね。利き手というのは4歳から6歳頃に決まるらしい。それまではどっちつかずらしいって、いつだったか本で読んだ。ってことは、私は3歳児並みってことか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »