« November 2005 | Main | January 2006 »

iPod nano来るのはいつか?

今日iPod nanoが来たら凄く楽しい話題になるのだが、今のところ来ないのでちょっと残念だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いやぁ、本当にウォークマン買わなくて良かったですねぇ

付属ソフトウェアCONNECT Playerが消費者を馬鹿にしたひどい使い物にならないソフトウェアだったばかりかウォークマン本体も実はひどかったようで師走9日から16日にかけてファームウェアのアップデートもこちらで師走2日のCONNECT Playerのアップデートモジュールと一緒に紹介されています。
A60xがUSBコネクタ内蔵かつ4GBかつMSN Music Storeで購入した楽曲とmoraで購入した楽曲の両方を転送可能かつ27,800円以下でソニーによって提供されていなかったことに-悲しいけれど-今となっては本当に感謝していますね(;_;)
辻野晃一郎コネクトカンパニー コ・プレジデントの「おもてなしの心」「些細なところまで手を抜かない徹底姿勢」もすごく納得し感心しました。本当に凄まじい「おもてなし」だし、本当に「些細なところまで手を抜かない」でウォークマン・ブランドをぶっ壊すという「徹底姿勢」には。
ソニーは多くの人たちが利用したくなくなる製品を作っていることに気がついてほしいと思いますが...。
ソニーは、そう、ソニーBMGもソニーが出資者の一社であるので、ぜひ、ソニーの創始者の一人、井深大(故)氏の次の言葉を思い出さねばならないでしょう。私はソニーDNAの肝だと思っております。

多くの人たちに利用されてこそ、技術である。
                      井深 大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウォークマンを買わなくて良かった(?)

11月3日に書いた記事に「ウォークマンをやめることが本気」と冗談で揶揄したつもりでしたが、なんかウォークマンAシリーズ用の「CONNECT Player」は使えない!とかCONNECT Playerのここがダメ とか2005年11月19日土曜 久しぶりにブチキレた11/20のつぶやき~Good-bye Walkman A1000などなどあげればきりがないくらいに批判があります。
返品も結構あるそうです。冗談ではなく本気でウォークマンをやめようとしているような商品になっていたようで、すごく残念です。ソニーにはベータマックスが失敗した理由をもう一度分析して、どうしたら失敗するのかを研究してほしいと思います。
ソニーのコ・プレジデント辻野さんがおっしゃっていた「おもてなしの心が"本気"であるのならば、私はすぐに謝罪とリコールをするべきだと思いました。
たぶん問題はCONNECT Playerソフトウェアにあるにしても「新ウォークマンのための専用PCアプリケーション(ソニーのコ・プレジデント辻野氏談)」である以上、今回のウォークマンはハードウェアとソフトウェアで一つの本体であると認識しています。したがってハードウェアに不具合があったのと同じだと感じています。実際ウォークマンAシリーズ以外のハードウェアにはCONNECT Playerが付属していませんし、moraなどのサイトでは提供されていないソフトウェアなのですから。「ソフトウェアのアップデートをWebで提供します」というものよりもインパクトがあってウォークマンを購入した顧客が「少しはマシなおもてなしを受けた」と思う可能性があります。しかし、「おもてなし」とはお客様に対する扱いであることを考えると、謝罪もリコールもしないことを「おもてなしの心」と言うことは別に間違いではないのかもしれません。
国語辞典を調べてみました:

もてなし 0 【持て成し】


(1)客に対する扱い。待遇。
「丁重な―を受ける」
(2)客に出す御馳走。接待。
「酒肴の―をする」「何のお―もできませんが」
(3)人や物事に対する振る舞い方。態度。
「御―優に、用意深くましましけり/十訓 7」
(4)物事に対する扱い。とりはからい。処置。
「ただ、世の―に従ひて、とあるもかかるも、なのめに貝なし/源氏(椎本)」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »