« April 2005 | Main | June 2005 »

Let's Note W4を思い切って買っちゃいました。

実は今年はPCを買い換える年に設定していた。予定より半年くらい早くしたがまあいいだろう。ちょっとした不満がかなりたまってきたことだし、ちょうど良い頃かもしれない。購入したPCは、表題通りPanasonic Let's Note W4だ。
Let's Note W4は本当に良い。液晶ディスプレイが最高に良い。何といっても非光沢液晶なのだ。やはり写り込みが少ないのは私の目には大変ありがたい。パナソニックはこの液晶を搭載したPCを作っている数少ないとても優秀なメーカである。愚か者の仲間入りをせずにすんでいるのだ。他の大手では、レノボとアップルだけしかない。今のところは。
軽いからいろいろな場所へ持ち歩ける。私は主に家の中のいろいろな場所で使用しているのだが、実に気楽だ。今までノートPCはVAIO SRXを使用していたのだが、画面はこれよりも大きいのにより軽いのだ。
家の中は誰かが大音量でテレビを見ていないとき- 普通に聞こえるように設定しておいてもすぐに大音量になるが- は割と静かなので、静粛なPCは必要だった。デスクトップPCをVAIO MXS2にしたのもこれが大きな理由の一つだった。
頑丈なPCである利点は喜ばしいことに今のところない- できればずっとなければ良いのだが -。
購入時に一番問題となったのは値段であり、それ以外は持ち歩き型ノートPCとして重要なものが全てそろっている大変優れたものである。
不満はキーボードの配列。VAIOノートを使ってきたので、配列がだいぶ異なる。なれているので、「1」のキーを半角/全角のつもりで押してしまったり、FnキーをCtrlキーのつもりで押してしまうことがよくある。業界で統一されればうれしいのだが。こういう形で囲い込むのは間違っていると思う。
これ以外については私は大変満足している。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

伝えることの困難さ

第三者を通して事象をを伝えることの困難さを身にしみて分かった出来事についてです。
ナナオのLCDディスプレイEIZO GAWIN M-10に、Playstation 2をD端子接続(SCE純正品)で使用している。Playstation2対応ゲーム及びDVD-Videoは完璧に動作しているが、なぜかPlaystation対応ゲームの画面だけが乱れる。取扱説明書にもWebサイトにもこのことが書かれていない。
そのことを口頭で説明したら、その店員は了解してくれた。故障内容の欄に「ゲームの画面が乱れる」と書いて、メーカに修理依頼していた。しかし、何も問題がないと帰ってきてしまった。たぶんメーカにはPS1対応ゲームのみ画面が乱れることが伝わっていなかったようだ。確認のためとりあえず、もう一度PS2をEIZO GAWIN M-10に繋げてPS1ゲームを起動しようとしたら当然画面が乱れてゲームができない。さらにこのことを完璧に証明するためにPS2をSONY VEGA及びSHARP LL-M1550Aではちゃんと画面が映ることを確認した。
VEGAに繋いであるPSXをGAWIN M-10に接続してPS1ゲームを起動しようとしたら画面が乱れてゲームができない状況になったことも確認した。そこで本日皐月15日、今度はGAWIN M-10と一緒にPS2を販売店に持って行き、店員に確認をしていただいた。PSXでも同様だったことを伝えた。故障内容欄には追加事項として次のように書いていただいた:
PS2及びPSXにてPS2用ソフト及びDVDは表示されるがPS1用ソフトのみ表示の際画面が乱れてしまう。
共にD1使用時になり、他のSONY及びSHARPでは問題なく表示できている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

エレファント

コロンバイン高校銃乱射事件のことを扱った作品。
日本で起こりえない話だ、といっている間抜けな大人たちを尻目に、少年・少女による殺人事件がだんだん増えてきた現実は、分からないと目を背けるアホで間抜けな大人に是非観ていただきたい。
少し理解できると思いますよ。そして、コロンバイン高校のような事件を日本で起こさせない努力をしていきましょうよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BDとHD-DVD統一?

統一されないと日本のこの業界がぼろぼろになるのではないかと危惧しておりました。でも今出ているBDにはどのように対処するのか、非常に気になる点です。既に市場に出回ってしまっている以上、フォローは欠かせないでしょう。ソニーはこれを見越して「とりあえず出してしまえ」となったのかもしれません。フィリップスと松下電器産業も味方につけたので問題ないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »