« January 2005 | Main | March 2005 »

Concert In The Garden

2005年のグラミー賞ベスト・ビッグバンドジャズ・アルバム部門をとったマリア・シュナイダーのコンサート・イン・ザ・ガーデンを試聴してみてすごく格好良い曲だとおもいました。早速、全5曲とボーナストラック2曲で12.95US$の高音質版(320kbps)を購入しました。ちなみに中音質版(120kbps)は9.95US$です。ソニーのVAIO MXS2で聴いています。これは音がいいですね。
CDでは、一万枚しか生産/販売(16.95US$)しないしそのうち、1000枚はオークションむけです。ほとんど手に入らないけど、CD-Rに焼けるし、音楽CD作成キットもついているのでクールなCDの作成も購入者ができちゃうという楽しみもあります。
日本でもiTunes Music Storeができればこんな風なことができるようになるのかな。早く来い来いiTMS! そのためにiPod Shuffleも購入したんです。MicrosoftのMSN Music Storeには大いに期待していたんですが、結局日本ではCD作成できなくしちゃったし。がんばれApple、がんばれSteave Jobs、くたばれ日本の楽曲に権利を主張できないはずの団体!

Googleで"Maria Schneider"で一発です。ジャズが好きな方はぜひ購入を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手掘り日本史

司馬遼太郎さんの歴史観などが書かれている。歴史を好きでちょっと研究している人は楽しめるだろう。特に日本の南北朝時代は物を書くのに適していない時代だとか、天皇制のあり方は昔から現代のようなあり方であって、近代特に1889年(明治23)から1947年(昭和22)までの大日本帝国憲法に書かれているような天皇制ではなかったとか、非常に興味を持って読むことができた。大和朝廷発足から日本の天皇はヨーロッパで言えばローマ教皇に当たりドイツ皇帝には当たらないと言う感じを私は受けていたので、この部分を読んだときに様々な歴史資料にふれ書いている司馬遼太郎さんがこのように考えていたことが実にうれしかった。私は間違えていないんだと。
外にもおもしろい記述がたくさんあって解説を入れても200余ページで読むのが遅い私でも4時間くらいで読めた。おすすめだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬼門だったシリアル番号

この週末は、シリアル番号によってつぶされてしまった。
I-O Dataの内蔵型二層式DVD+R書き込み対応DVD+-RWドライブ-これが全DVD+RW/+Rドライブの中で二番目に安かった-を購入したのが2004年水無月。
同時に、店で私のPCの内蔵DVD-ROM兼CD-RWと交換してもらった-これほど私の手は不器用-ところが、このドライブのシリアル番号を控えていなかったことが仇となり、ユーザ登録やファームウェアのアップデートができない状態に。
「まぁ、いいや。使えているから」と特に何もしていなかったのだが、DVD-Videoの退避をとるために、DVD+R DLメディアを購入しようと、2005年睦月Ricohのメディアが一番安かったので購入した。ところが、このメディアを利用するためにはファームウェアのアップデートが必要だった(;_;)。ドライブのシリアル番号はドライブの下側に書いてあるので、分からない。困った私は、取り付けてもらった店に行った。店員にこのことを説明したら、シリアル番号を調べてもらえることになった。アフターケアとしてサービスしてくれるとのこと。
如月5日にこの店に行って調べてもらった。家に帰ってからファームウェアをアップデートしよう。I-O Dataのサイトでダウンロードを選択してシリアル番号を入力したらシリアル番号が間違っているのでダウンロードを拒絶されたのだった。仕方がないので、店に電話したら店の方でもダウンロードできなかったので、如月6日にもう一度PCを持って行くことに。
結果的に全解決した。二日つぶしたが、無償でここまでしてもらったヨドバシカメラ札幌店には感謝している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »