« March 2004 | Main | May 2004 »

イラクの日本人の人質たち

銃を押しつけられたり、剣を振り回されたりひどいことをされて、さらになおイラクでの活動を続けたいとおっしゃっていた方へ何かと批判が多いようですが、私はすごく立派な方だなと思う次第でして。日本人は彼女の存在を誇りに思うべきではないかと思います。
イラクの現状では戦争でいろいろな被害があって、今回人質になってしまい何とか無事解放された人が行っている活動こそが必要な状態であるわけです。彼女は自らはさておきイラクに住んでいる人がすごく悲惨な状態になったことが気がかりでイラクへ行っているのです。必要な人がいるからと言う理由でイラクへ行っているわけです。
これは確かに私には信じられないことです。私には絶対にできないことです。しかし、危険な地域に自ら命を危険にさらしてまで必要な人がいるから危険な地域に行く人がいてほしいとも思っています。
世界的にも優秀な人が多い日本人の皆さん、もっと冷静になってよく考えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度のは早かった?

二人も無事だったので実に良かったです。
さぁ、しかし、これで小泉純一郎日本国宰相が自衛隊をどのように扱うかたのしみですな。
ロケット弾が自衛隊の駐屯地に打ち込まれて「安全な地域」ではなくなっていると私は思うのですが、
抵抗勢力(日本国に言わせればテロリスト)の文書でも口頭でも自衛隊撤退要求を突きつけられてしまったわけでしょう。つまり、自衛隊を撤退しないといけない状態なのに自衛隊を撤退させるとテロリストに屈したことになるわけです。ということは外からは安全じゃないように見えるが、「外は知らぬが安全じゃ。」とおっしゃるでしょう。

でも変なやつである私から見れば、三つの事件はかなりきなくさい感じが受けますな。何なのかは分からないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほんとほんとにほんとにほんとに解放だ! ハイ

三人が解放されましたね。
でも、また日本人二人が拉致されて、再び人質抵抗事件発生か という事態になっていることを忘れてはいけないね。
日本人の特徴として、忘れっぽいのがあるんでね。
特に新たになにかが起こるとすぐ前の悪いことを忘れる傾向。これにはいやと言うほどつきあってきたからね。
たとえば、阪神淡路大地震のときなんか、その二週間前に北海道の釧路で大きな地震があったのをすっかり忘れ去られて阪神淡路大地震のことしか報道されなかったもの。
ニュースステーションでは追求してくれましたが。
日本人の皆さーん、こういう重要なことは忘れてはならないのですよ。
今回は抵抗活動に屈しなかったが、一度はテロに屈している国であることも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

undercooled

卯月13日の様々なニュース番組で人質抵抗活動の被害者の家族へ誹謗中傷が多いと言われていました。私は、被害者の家族の方は絶対に冷静じゃない状態になって当然だ、と思っています。これを非難することも冷静じゃない状態なのではないかと。
ニュース番組の方も冷静じゃない状態である抵抗活動被害者家族の方を冷静じゃないくらいに執拗に追い回して彼らの冷静じゃない発言を冷静じゃない状態で伝えているように見えるんですが。
なんか、これって抵抗活動家の思うつぼなのではないかな、と考えた次第であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず自画自賛させていただきます

どうやら、今回とった私の行動-人質解放関連の記事の削除-が適当だったことが証明されました。
やっぱり、アラブの方たちは一筋縄に行かないですね。そこが魅力なんですけど。
外の方のblogを読ませていただいて、自衛隊撤退反対がそこそこいらっしゃったのでまだ日本は大丈夫かなと思っていました。そして、「報道ステーション」を見ると世論調査で自衛隊の撤退反対が50%を超えていたのである意味ほっとした感があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イラク日本人人質抵抗事件-続報-

あと四時間余以内に解放するらしいが、雲行きが怪しくなってきているみたいです。
今になってマスメディアの方がなんか日本人拉致人質犯行当時の犯行声明文になかった間違い文やスペルミスが解放宣言文にあるだの言い始めているのは、なんか日本人らしい気がするのは私だけでしょうか。
お陰様でこのサイトで「人質抵抗事件解決か?」的な内容を書いたのを消去し、新たに「続報」として書き換えています。
早とちりしてしまい本当に申し訳ありません。
日本に長い間住んでいればこのようになるのかなと反省しきりです。これからはもっと慎重にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イラク日本人人質抵抗事件

イラクで日本人人質抵抗活動がありました。その後の日本国内の日本人の対応を見ると非常に不思議な気がします。特に、抵抗活動攻撃にあわれた方の所属している団体が人質の解放のために自衛隊の即時撤退を求めていることが、私は全然理解できません。

抵抗活動被害者家族の方が-抵抗活動家たちの要求である-人質解放のために自衛隊即時撤退をしろというのは当然です。理解できます。

イラクは抵抗活動にあう危険があり現在戦闘が行われている恐ろしく危険な国であることは、イラクに行って人質になられた彼らは当然知っているのです。死ぬ覚悟がないとイラクに行ってはいけません。つまり、彼らは、彼ら自身が抵抗活動や戦闘に巻き込まれることによって死ぬ覚悟があってイラクに行かれたのです。そのことを我々一般の人たちは認識しないといけないと思います。
抵抗活動の結果を受けて自衛隊即時撤退を訴えている人たちは、彼らがまさに死ぬ気でイラクへ行っているということを分かっていないのではないかなと思います。

日本という国はダッカの日本航空機乗っ取り人質テロ事件の結果があるんだから、今回の要求に応じようが国際的にはたぶん評価は変わらないと思いますが。

私は、人質になった方が無事に元気で日本に戻られることを心から願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2004 | Main | May 2004 »